ふるさと納税 評判

  • 年末の締め切り前に、ふるさと納税で賢く節約&お得!


ふるさと納税 公式


年末になるとテレビや雑誌などで取り上げられるのが、人気の『ふるさと納税』。よく耳にするようになりましたが、きちんと理解している人はどのくらいいるでしょうか? 私もわかりません(爆) なのでちょっと調べてみましたよ。


ふるさと納税の仕組みが注目される理由が、税金が控除されたり、納税した地方の特産品がもらえると人気は年々上がっています。ところが、知らないと損をしてしまう以外な落とし穴も見つけました、社会への貢献にもつながるふるさと納税、しっかりと仕組みや注意点を理解して、あなたもふるさと納税名人になりましょう。



ふるさと納税とは


ふるさと納税とは簡単に説明すると、自分が応援したい・または気に入っている地方自治体に寄付をすることです。2000円を超える金額の部分について、一定の限度額まで所得税や住民税の税金が軽くなる制度です。地方自治体に寄付をすると、その地方自治体から寄付の受領書が届きます。


その受領書を確定申告の必要欄に添付することで所得税が減額されたり、または還付金としてもらえる事になります。そして翌年の住民税も減額されるという仕組みです。


寄付すると、寄付した分だけ納税額が減ります(節税)。 さらに寄付した年からお礼(特産品など)がもらえます(ここがポイント!)。



もらえる特典


何よりも今人気なのが、寄付した地方自治体からの豪華なお礼の品ですね。特産品から家電や体験ものなど、それぞれの地方自治体が知恵を絞っているので、大変魅力的です。


ここがポイントで、【実質の負担は2000円のみ】 理由は、2000円以上の費用の部分は一定の額までは税金で控除されるのです。


たった2000円の負担にもかかわらず、地方自治体からはとても豪華なプレゼントがもらえるのだから、人気が急増するわけです。特典内容は自治体によって色々です。 そもそもは寄付ですから、特典がない地方自治体もあります。半分ほどの自治体は何かしらの特産品などを用意していますよ。


ちょっと前までは特典目当てで寄付するのはおかしいという意見もあったのですが、そんなネガティブな発想を吹き飛ばすくらい寄付が集まるようになり、消極的だった地方自治体も「やらなきゃ損する」くらいの勢いで知恵を絞るようになってきました。


ただ当初の思惑から外れすぎると、問題点として改正される可能性もあります。 それに年間の控除額が決まっているので、毎年やるのがベスト、 年末までが機嫌なので、毎年11月くらいからニュースにもなるんですね。






☆ ☆